赤面症の治し方

赤面症で悩む芸能人が完全に克服出来た方法とは??

人前に立つ華やかな職業である「芸能人」であっても、実は赤面症やあがり症で悩んでいる方って意外といるんです。

人前に立つ事が仕事の芸能人の方が、どうやって赤面症を克服することが出来たのかを見ていきましょう。

赤面症と華やかな芸能人

華やかに活躍する芸能人の方が、赤面症やあがり症に悩まされているだなんて誰も想像がつきません。

しかし、人前に立つ職業だからこそ、強い意志を持って赤面症を克服出来た芸能人を知る事は「勇気と安心感」を与えてくれます。

この2つがあなたの心を包み込んで、赤面症を克服するのに後押しをしてくれるでしょう。

表舞台に立つ芸能人

芸能人をテレビで見ると、堂々としていて自分に自信がある人が多そうというイメージがあります。

しかし、人前に立つ人ほど緊張しやすかったり、自分に自信を持つことが出来ない人が多いのです。

芸能人といってもジャンルは沢山あります。アイドル・女優・歌手など当然ながら人前に立てば立つほど、赤面症とあがり症の症状は目立ちやすくなります。

「えっ意外、この人も赤面症なの?見えない!」と思ってしまう人もこの中にはいるでしょう。

  1. 星野真里さん
  2. 和田アキ子さん
  3. 倉木麻衣さん
  4. 春日さん
  5. ローラさん
  6. 峯岸みなみさん

芸能人だから人前に立つのが得意な人達なのかな?と私も思っていたのですが、実はそうではないようです。

私達と変わらず人前に立つと今でも緊張してしまう人もいます。

しかし、それを乗り越えて今仕事をバリバリとしている人達です。

赤面症とは、自分の顔が赤くなってしまう事に対して大きな恐怖心を持つ症状です。

過去のトラウマが原因とも言われています。

顔が赤くなった時にからかわれたり、冷やかされたりすることで、「また周りの人に指摘されたらどうしよう」と恐怖に囚われてしまいます。対人恐怖症の一種になります。

実際には、顔が赤くなっていなくても「絶対に今顔が赤いはず!」と思い込みも生じてしまう厄介な症状です。

 

芸能人の克服方法とは?

  1. 症状が出る場面を想定して、リハーサルを重ねる
  2. 歪んでしまった思考を正していく
  3. 緊張しても体が覚えているくらい練習し続ける

海外大物歌手のリハーサルの重ね方

実は、誰もが知っているレディーガガさんも赤面症やあがり症を持っていたのです。

彼女のパフォーマンスをライブで見た人達は、その堂々とした姿に赤面症やあがり症を思い浮かべる人は居ないでしょう。

しかし、彼女は自分自身のあがり症や赤面症を認めて向き合いました。

そうする事で、次に何を取り組んだらいいのかを知っていました。

「症状を認めて向きあう事」は、あがり症や赤面症を克服する上で最も重要なポイントです!!

  1. リハーサルを重ねて体に覚えさせる
  2. 症状を認める事で今の自分に何が必要か考える


彼女は、人前に立って緊張してしまっても体は自然と動くように、リハーサルを本番までに何回も重ねました。

普通のアーティストが2、3回で終わらしてしまうところ、彼女は10回もリハーサルを通すと言います。

緊張に支配されない様に、念入りに体に叩き込んでいるのです。

この影の努力で堂々とした素晴らしいパフォーマンスが生まれているのです。

歪んでしまった思考を修正していく

赤面症は症状の発症を繰り返すと、思考が歪んでいきます。

これは、顔が赤くなっていない時でも顔が赤くなっていると思い込む事に繋がります。

自己嫌悪に陥りがちになり、症状は更に悪化していきます。

しかし、先ほどのレディーガガさんの様に人前に立つ場面を想定して練習を繰り返し重ねていく事で、思考の歪みを改善出来ます。

本番で緊張してしまっても、体は練習通り動いてくれるので、周りからは緊張しているようには見えません。

自己嫌悪も無くなり赤面症やあがり症の悪循環をストップしてくれるのです。

これを繰り返し経験し続ける事によって、思考の歪みを少しずつ修正することが出来ます。

実際に、この方法で赤面症やあがり症を治していった方は数多くいます。

人前に立つことが職業のプロが実際に行っていることですから、効果がないわけありません。

少しずつ自分の生活に取り入れて実践していくことをおすすめします。

赤ら顔や赤面症の専用の化粧水
白漢しろ彩

和漢化粧水【白漢しろ彩】

通常価格¥5,600円(100ml)「定額コース20%オフの¥4,480円」※肌に合わなければ返金保障有り

しろ彩の化粧水は、肌を赤くしてしまう毛細血管に直接効果のある化粧水です。極度の緊張状態に陥りやすい赤面症は、毛細血管が広がって血流が活発になって必要以上に顔を赤くします。毛細血管に着目して作られたのが「しろ彩」なのです。

使い続ける内に、肌が赤くなりにくくなって、自分に自信が持てるようになります。

外側からのケアだけに見えますが、肌が赤くならないという確信へ繋がり心の余裕を生み出して赤面症を改善してくれるサポートをしてくれます。

まずは、お手軽なケアの赤ら顔・赤面症専用の化粧水を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

CAPTCHA