赤面症の原因

赤面症の原因を知る 赤面症を治していくことは、難しいと言われています。しかし、原因を知っておく事こそ赤面症を克服していく1番の近道でもあり、再発防止にも繋がってきます。 赤面症の症状とは、顔が赤くなる事ではなく顔が赤くなってしまう事に恐怖心や羞恥心を持ってしまう事です。赤面症は顔の赤みの症状ではなく、精神的不安の結果、顔が赤くなっているのです。 赤面症の3つの症状  

3つの赤面症の原因から、自分に合うケアを!

  赤面症の根本にある原因の精神不安を引き起こすものは、大きく分けて3つあります。【肌質、体質、過去のトラウマ】です。 赤面症とそれぞれの原因がアンカリングによって結びついてしまっているので、この結びつきを紐解いていく事で赤面症を改善していく事が出来ます。そして、原因によってケア方法も変わってくるので、自分の赤面症の原因を見極めていき正しい知識とケア方法を身につけましょう。   タイトル 肌質 もともと赤みを帯びやすい肌質で、その事を周りから指摘される事により赤面症へと悪化していきます。赤みを持ちやすい肌質には乾燥肌や敏感肌や肌の薄さが挙げられます。肌質が原因のタイプの方は、化粧水の選び方や正しいケアをしていく事で肌質と赤面症を同時に治していく事が可能になります。赤面症を治しやすいのは、この肌質が原因のタイプです。   タイトル 体質 体質が原因で赤面症になりやすくなっている方は、体の血流が悪くなっている方が多いです。もともと冷え性の人が悪化して、冷えのぼせ〈下半身が冷えていて、上半身がのぼせている状態〉になる事で、顔が赤みを帯びやすい体質になります。このタイプの方は、体質から変えてくれる漢方とストレッチで改善する事ができます。他の方法と比べて継続していかないと効果ないですが、赤面症の再発防止が1番高くなります。   過去のトラウマ 人が緊張状態になる時、顔が赤くなったり、鼓動が速くなったり、声が震えたりする事は人間の本来持つ正常な働きです。しかし、他人にからかわれたり、指摘されたりする事で、それ自体が恥ずかしい事だと思ってしまい、赤面症などの対人恐怖症になってしまうのです。赤面症は赤面恐怖症です。顔が赤くなってしまうことに極度の恐怖心や羞恥心を持ちます。過去のトラウマが原因で赤面症になっている人は、心理療法やカウンセリングで改善する事が出来ます。