病院

赤面症の手術で有名な3つの病院とは??

赤面症の改善方法は沢山ありますが、手術もあります。

手術の名前は『胸部交感神経遮断手術』です。

『胸部交感神経遮断手術』は、赤面症を9割以上も治してしまうと言われています。

3つの有名な病院をご紹介していきますが、その前にあなたの赤面症が本当に手術が必要か見ていきましょう。

※手術は副作用がつきものです。慎重に判断しましょう。

赤面症の症状とは??

赤面症とは、顔が赤くなる事に対して恐怖心を持つ対人恐怖症の一種です。

過去のトラウマが原因と言われています。

周りに顔が赤くなっている事をからかわれたり、冷やかされたりして症状は更に悪化していきます。

赤面症が起きる状況とは?

赤面症の人は、どんな時に症状が起きてしまうのでしょうか。

赤面症が起きている最中、緊張感や不安感の異常な高ぶりによって、交感神経が活発になり顔が紅潮している状態です。

顔が赤くなりやすい体質の方が赤面症を発症しやすいと言われています。

人前で失敗して周囲から指摘され顔が赤くなることが発症のきっかけになります。

 

人前=顔が赤くなる」とマイナスのイメージが恐怖心と共に頭に強く残ることで、人前に立つときに心が不安定になりやすく、症状が発症しやすい状況に自ら追い込んでしまうのです。

私も振り返ってみると、人前に立った時「絶対に赤面する、何か指摘されないか?」という強い不安感から緊張状態になり、赤面症になっていたと心当たりがありました。

赤面症が治りにくいと呼ばれる所は、頭にこびりついた負のイメージを取り除いていく難しさもあると思います。

手術を考える前に取り入れたい事

  1. 症状を引かせるコツ
  2. 心と体のケアを知る

症状をサッと引かせるコツ

赤面症が発症している時、体では無意識に姿勢が悪くなり、前のめりの猫背の状態になります。
この姿勢は、呼吸を浅くして心臓の鼓動を速めて緊張状態を生みだし続けます。

これが症状を長引かせている原因です。

しかし、この緊張状態を解除出来れば、症状がサッと引いて心のダメージを軽減する事が出来ます。

無意識に緊張状態を作り出してしまっている姿勢と呼吸を整える事が出来れば、症状を抑えられます。

  1. 症状が発症してきたなと思ったら、肩をグッと後ろへ突き出しゆっくりと深呼吸をしていきます。
  2. 3分間続けます。緊張状態が解かれて、平常心に戻ることが出来ます。
  3. 最初は意識しながらでも続けていくうちに無意識でも出来るようになり、赤面症予防になります。

この行動だけでも自分で過緊張状態を和らげる事ができます。

心のケアと体のケアのバランスが大切

赤面症の症状を作りだしているのは、あなた自身なのです。

赤面症の症状を解く事が出来るのもあなた自身です。

赤面症は心のケアと外側からのケアのバランスが大切です。

副作用を持つ手術は最終手段に考え、自分が出来そうなケアをどんどん取り入れる事が重要です。

また、肌を赤くする直接の原因である毛細血管の広がりをケアする事も効果が高いケアの1つになります。

赤ら顔や赤面症の専用の化粧水
白漢しろ彩
和漢化粧水【白漢しろ彩】

通常価格¥5,600円(100ml)「定額コース20%オフの¥4,480円」※肌に合わなければ返金保障有り

しろ彩の化粧水は、肌を赤くしてしまう毛細血管に直接効果のある化粧水です。

極度の緊張状態に陥りやすい赤面症は、毛細血管が広がって血流が活発になって必要以上に顔を赤くします。毛細血管に着目して作られたのが「しろ彩」なのです。

使い続ける内に、肌が赤くなりにくくなって、自分に自信が持てるようになります。

外側からのケアだけに見えますが、肌が赤くならないという確信へ繋がり心の余裕を生み出して赤面症を改善してくれるサポートをしてくれます。

まずは、お手軽なケアの赤ら顔・赤面症専用の化粧水を試してみてはいかがでしょうか。

赤面症と胸部交感神経手術

  1. 胸部交感神経手術の基本情報
  2. 有名な3つの病院

胸部交感神経手術の基本情報

胸部交感神経手術とは、脇の下に小さな穴をあけて、内視鏡いれて、モニターを見ながら第二交感神経を電気メスで遮断していく手術です。

赤面症は、不安と緊張感の高ぶりによる交感神経の過緊張が原因です。

第二交感神経を遮断することで、顔の紅潮がなくなると言われています。

胸部交感神経手術は掌多汗症にも有名です。

診察する際は必ず赤面症を治したい事を伝えましょう。

胸部交感神経で有名な評判の3つの病院とは?

これから紹介していく3つの病院は、残念ながら東京ではありません。

しかし、確実に胸部交感神経に特化した病院です。

そして、いずれの病院も口コミなどで評価が高い病院になります。

  1. おだクリニック
  2. 全国でも数少ない日帰り手術専門外科です。福岡県にあります。胸部交感神経の副作用である代償発汗が最小限に抑えることができるETS手術が有名です。予約制となっていますので、スケジュールも組みやすいと思います。

  3. 名古屋第二赤十字病院(呼吸器外科)
  4. 従来の治療法だけではなく、患者の遺伝子を調べて体質にあった薬や治療法を進めるテーラーメイト治療も行っています。厚労省の研究員でもある名医が在籍しています

  5. 愛知医科大学病院(多汗症専門外来)
  6. 多汗症の専門でもあります。日本発汗学会の理事を務める名医が在籍しています。ETS手術はもちろん他にも治療法がたくさんあります。

3つの病院の案内
店舗名 住所 電話番号
 2017年3月24日現在
おだクリニック 福岡県福岡市中央区高砂1-8-8 サンクス渡辺通3F 092-534-7507
名古屋第二赤十字病院 名古屋市昭和区妙見町2-9 052-832-1121
愛知医科大学病院 愛知県長久手市岩作雁又1番地1 0561-62-3311

 

一番大切なのは自分が信頼できる医師なのか、相談できる相手なのかという事です。

先生との関係は手術した後のアフターケアでも続きます。

手術して違和感など感じた時に先生に話す事ができる信頼関係を作れる先生に会える事を心より願っています。

コメントを残す

*

CAPTCHA