赤面症の原因

赤面症を治す前に、赤面症になりやすい性格を知っておこう

人の性格には、内向的なタイプと外交的なタイプの2タイプがあると言われています。

その内の内向的な性格の方が赤面症になりやすいと言われています。

赤面症は心の病です。

自分と向き合う1歩として、なぜ赤面症になってしまったのかを性格の特徴と共に見ていきましょう。

人の2つのタイプの性格

  1. 内向的な性格   
  2. 外向的な性格   

内向的思考の性格とは、どんな性格なのでしょうか?

外交的思考の性格と行動を比較していく事で、内向的思考の性格を理解していく事が出来ます。

 

1.内向的思考の特徴

内向的性格の持ち主は、新しい場面が苦手で強い緊張状態に陥りやすい特徴があります。

自分から動こうとせずに時間が過ぎるのを待ちます。

新しい場所や初対面の人に慣れるまで、かなり長い時間が必要です。

何故なら、頭の中でよく考えてから言葉に出すからです。

自分の言葉が、他人と比べて浮いてしまわないか?をひどく気にしてしまうのです。

2.外交的思考との行動の違い

外交的性格の持ち主は、周りを気にしないで自分のペースで行動する特徴があります。

内向的思考と外交的思考の性格は、他人との接し方や考え方にも違いが出てきます。

初対面の人と一緒の空間にいなければいけない時、外交的な性格の持ち主は、初対面の人に対して深く考えずに話しかける事が出来ます。

だからと言って、気を使ってずっと話しかけるという訳でもなく、いきなり黙ったりとあくまでも自分のペースを乱しません。

自分が黙って周りの空気が重くなったとしても気にすることなく、ずっと前からその場にいたかのような雰囲気を出してしまう、カリスマの様な性格です。

それに対して内向的な性格の持ち主は、初対面の人へ緊張と気遣いがずっと続いている状態です。

そして、かなりの人見知りです。

話さなければいけない状況の場合は、変なことを言ってはないだろうかと相手の顔色を気にしたり、会話を途切れさせないように気を張り続けます。

当然このような状態なので、1人になった時に疲れがきます。

赤面症と内向的思考

赤面症は対人恐怖症の一種なので、人に対して恐怖心を持っています。

特に、赤面した時の周りの状況を気にしすぎて起きてしまう症状です。

この症状の予備軍が、内向的思考の人見知りなのです。

人見知りは、相手との距離感がつかめない為、異常なほど周りを気にしてしまいます。

自分の発言や行動が周りから浮いてしまった時に、人見知りに加えて内向的思考が「自分はとんでもない事をしてしまった」と責めてしまいます。

これが赤面症や他の恐怖症に繋がってしまいます。

悪い事ばかりでは無い


あまり良くないところばかり紹介してしまいましたが、内向的思考の人の良い所は「個性と創造性」です。

外交的な性格の方が個性が強いと思われがちですが、実は無個性になりやすいのです。

意外にも内向的な性格の持ち主の方が、自分の色を強く持っています。

自分では目立ちたくないと思っていても、周りからはつい目を引いてしまう気になる存在なのです。

また、何かを創り出すのに長けている才能があります。

自分の心と葛藤していく事が多い内向的性格ですが、そこが周りには思いつかない創造性を生む事が出来るのです。
 
自分を否定することなく長所を生かしていけば、自然と自分に自信が持てる様になり、赤面症だって克服していく事が出来るのです。

赤面症の改善


赤面症の改善方法は沢山ありますが、何が効果が高いからではなく、自分に合った方法を見つけることが1番大切なことです。

赤面症は、自分への自信の無さが原因です。

小さな成功体験を積み重ねていく内に、赤面症がいつの間にか治っていたというケースは少なくありません。

赤面症を放っておくと危険!?

赤面症の症状は、赤面することに極度の恐怖や羞恥心を持ってしまうことです。

これは本人の顔が別に赤くなくても、周りに変に思われてないかという考えが支配しています。

よく誤解されるところですが、顔が赤くなる症状はただの赤面です。

この症状は誰にでも起こる生理現象でもあり、脳が精神面を守るために起こしている現象でもあります。

脳には、日頃から私たちの身と精神を守るためにセキュリティ機能が備わっています。

危険に襲われた場合には、体が意識とは無関係に動き危険を回避します。同様に、精神面が危険にさらされた時に、赤面やあがり症へ体が反応するのです。

赤面症の症状は、場面と回数を重ねるごとに重くなっていきます。
 
最初は平気だった人前も症状が出てしまい、親しかった友人達の前も症状が出て、更には家族の前でも症状が出てしまいます。
 
症状を自覚していく度に、自分の未来に強い絶望感を感じてしまい、もう人と普通に話せないのではないか?という思考に陥ります。

これが鬱病のキッカケにもなってしまう赤面症の悪循環なのです。

赤面症の悪循環に陥る前に、正しいケア方法を知ろう!


赤面症の改善方法は、心理療法・手術・アンカリング・漢方など沢山あります。

改善方法によって、赤面症を完全に克服期間が変わってきます。

沢山ある改善方法ですが、選ぶ基準は自分にあう方法かどうかです。

いくら効果がある方法だとしても、自分に合っていなければ苦しくなってしまい、症状が悪化してしまう恐れがあるのです。

その克服方法が自分に合わないなと感じても、諦めないでどんどん次の方法を試していく事が大切です。

また、「顔を赤くなりにくくする事」も自分の自信を回復するのに良い手になります。
 
外側からのケアをしていく内に、心のケアもされていたなんて事もあります。1人では心のケアをするには難しいですが、外側からのケアならば簡単に日常へと取り入れることが出来ます。
 
赤くなりにくい肌を手に入れる為に、効果が高いと言われているビタミンc誘導体の美容液を取り入れるのも良いでしょう。

ビタミンC誘導体美容液

APP-Cフラセラム

通常価格¥8,640円(30ml)今なら「30%オフの¥6,048円」※もちろん送料無料!

APP-Cフラセラムは、肌を赤くしてしまう原因の皮脂や毛細血管に効果のある美容液です。

ビタミンC誘導体の中でも、最も強力なビタミンC誘導体APPSが配合されていて、肌の奥から赤くなりにくい肌質へ変えてくれるのが超浸透型ビタミンC美容液!APP-Cフラセラムなのです。

使い続ける内に、肌の赤みが薄くなって自分に自信が持てるようになります。

外側からのケアだけに見えますが、肌が赤くならないという確信へ繋がり心の余裕を生み出して赤面症を改善してくれるサポートをしてくれます。

とにかく早く効果を得たい!という方へおすすめです。

 
まずは、通常のビタミンC誘導体の100倍以上の浸透力を誇るビタミンC誘導体美容液を試してみてはいかがでしょうか。
 

コメントを残す

*

CAPTCHA