症状を抑えるコツ

赤面症を改善出来る必勝パターン4選とは!?

赤面症を改善出来る厳選された4戦を紹介していきたいと思います。

  1. 症状を見直す
  2. 思考の支配からの解放
  3. 本番までに練習を繰り返す

1.赤面症を改めて見直してみる


赤面症の症状に悩んでいる人達は、意外にも赤面症の本当の症状を勘違いしている方が多いのです。

症状を勘違いしていては、赤面症の改善方法をいくら試しても根本から治すことが出来ません。

症状を治していくには、まずは赤面症への正しい知識への理解が必要です。

これを知ってから症状改善に取り組んだ人と知らないで取り組んでいる人では、症状が治る時間が変わってくるのです。

赤面症の本当の症状


赤面症とは、だた顔が赤くなってしまう症状ではありません。

赤面症は、人に関わる場面の中で心理的に不安定になり、「顔が赤くなっていないか?」と不安や恐怖心に陥ってしまう症状なのです。

顔の赤さよりも、精神状態と思考が深く関わる心の病です。

本来はそこまで顔が赤くなっていないのに、「絶対に顔が赤くなっているはず!」と思い込んでいるのです。

この部分こそ、赤面症が治りずらいと言われてしまっている所以なのです。

誰にでも起こる症状

赤面症は、あなただけではなく誰にでも起こってしまう症状なのです。

よく分からないという方は、想像してみてください。

人前で何かを発表する時、自分だけではなく何人か顔が赤くなっていたはずです。

赤面症の症状が発症するであろう「きっかけ」になる場面は誰でも持っているのです。

周りに指摘されて気にしない方と気にしてしまう方で分かれ道になります。

もちろん日本人の他人の目を気にする特徴を思えば、ほとんどの人が周りからの指摘は気にしてしまうでしょう。

問題なのは、その経験がトラウマになってしまい、必要以上に周りを気にし始める事です。

これによって、あらゆる場面で「顔が赤くなっていないか」という思考が頭にこびりついてしまい赤面症になるのです。

2.思考の支配からの解放


赤面症は、マイナスの思考がこびりついている状態です。

しかし、そこを利用して思考を変えていく事で赤面症を改善する事が出来ます。

これは、症状を根本から治す事が出来るので、症状の再発防止にも繋がっていきます。

思考の支配


赤面症の人は、「この苦手な場面では、必ず顔が赤くなってしまう」とすでに思い込みをしている状態です。

赤面症を発症してしまう原因になったり、症状を改善させたりとそれだけ思い込みによる思考の支配は大きいものになります。

誰でも失敗することはあるし、恥ずかしい思いをして顔を赤らめた経験はあるものです。

しかし、赤面症の方の思考の支配は強力です。

これを塗替えるには、今まで人を避けて自ら狭めていた世界を少しずつ広げる必要があります。

自分が苦手な場面を少しずつクリアしていく事で、自分が思っていた思考と現実が違う事に気が付くはずです。

これこそ思考の支配を解くカギとなります。

世界が広がる事で、顔が赤くなっていないか自然に気にしなくなって赤面症が改善した方も多くいます。

いきなりがっつり苦手な場面へ行くのではなく、少しずつの積み重ねが大切になります。

3.本番までに練習を繰り返す

私が試していたのは、内容が決まっている場面では、とにかく本番まで練習を繰り返す事でした。

面接などのイメージの付くものは自分の納得のいくまで練習をしました。

家族や友人にも付き合ってもらい何度も練習をしていきます。

自己紹介が必要になった時も基本となる自己紹介内容を作っておくと、落ち着いて人前でも話せるようになります。

特に自己紹介は自分自身の事を人に話すので正解や間違いはありません。

ですので人に遠慮する事なく話すと気持ちが楽になっていきます。

大切な事は、自分に自信をつける事です。

そうは言ってもいきなりは難しいので、自分の事を観察しながら、どういう時に赤面症を発症するのか冷静に観察すると、自分の中の不安を取り除く事に繋がります。

人前に立つことが職種の芸能人であっても、赤面症の症状で悩んでいた人は多くいるのです。

しかし、彼らも繰り返し練習する事や自分に自信をつけることで症状を克服していきました。

4.自分を認めること


赤面症を改善していく上で重要なのは、ストレスを溜め込まない事です。

ストレスを感じれば自律神経が乱れてしまい、赤面症はいつまで経っても治りません。

自分で精神状態を整える事が難しい人は、カウンセリングを受けるのも1つの手段です。

しかし、ちょっとした習慣を身につける事でストレスと言うのは取り除く事ができます。

1日1回だけでも、自分の事を褒めてあげる事です。

洗面所に行って鏡に映る自分を見ながら何でも良いので褒めてみて下さい。

自分の事を褒める事によって少しずつでも精神は前向きな方向に向かっていきます。

先ずは自分の中に閉まってある明るい性格の扉を開いてあげる事です。

マイナスな思考はどんな病気に対しても悪影響を与えてしまいます。

逆に言えばプラス思考は体に良い影響を与えると言う事です。

これは赤面症に対しても言える事です。

繰り返しますが、赤面症を克服する上で重要な事は「自分の自信をつけてくこと」です。

なかなか上手くいかない日々もあると思いますが、毎日の小さな積み重ねが赤面症を本当の意味で改善してくれます。一緒に改善まで頑張っていきましょう。

また、肌を赤くする直接の原因は、毛細血管の広がりです。

毛細血管に効果のある化粧水を使って外側からケアするのも効果的なのでぜひ試してみてください。

参照:⇒赤面症ケア化粧水部門TOP3

コメントを残す

*

CAPTCHA